太陽光発電システムで知っておきたい耐用年数



エコブームや節約ブームの流れに乗って、太陽光発電システムを取り入れたエコ住宅が注メディアでよく取り上げられるようになりました。

太陽光発電システムの導入を検討している人も増えていますが、システムの耐用年数について知っている方は多くないと思います。

お住まいに太陽光発電システムを導入する際には、太陽光発電システムの耐用年数がいったいどの程度なのか一度調べてみることを強くおすすめします。

太陽光発電システムは開発しているメーカーによってさまざまなタイプや種類がありますし、お住まいの気象条件や周辺環境、お住まいのどこに設置する予定なのかによっても耐用年数が異なります。

そのため、耐用年数を一概に説明するのは難しいですが、平均して太陽光発電システムの耐用年数はおよそ20年前後と挙げられることが多いようです。

ただし、太陽光発電システムとセットで設置される周辺機器にかんしては10年前後が限界だと言われていますから、耐用年数を考えるうえではだいだい10年で一区切りと考えるのが確実かもしれません。

10年間しかもたないと聞いて意外と短いように思う方もいらっしゃいますが、太陽電池の部分は基本的に長持ちしますので、もっと長期間持つケースももちろんあります。
太陽光発電システムには、すべてのシステムにかならず保証期間が設けられています。

太陽光発電システム導入したエコ住宅を検討するときには、どれぐらいの耐用年数や保証期間があるのかをチェックしてください。

posted by solarsystem at 02:21 | 太陽光発電システムの耐用年数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。