太陽光発電システムの耐用年数



太陽光発電システムを取り入れたエコ住宅が注目されていますが、太陽光発電そのものの耐久性について知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

せっかく太陽光発電を自宅に取り入れるのであれば、たとえ目先の電気代が節約できても耐用年数は気にしたいポイントです。

自宅に太陽光発電システムを導入する前に、まずは太陽光発電の耐用年数がどの程度なのか調べることをおすすめします。

なぜなら、太陽光発電システムにはさまざまなタイプや種類があるほか、お住まいの環境や気象条件、エコ住宅のどこに設置するかによっても異なってくるからです。

そのため、なかなか耐用年数を一概に挙げるのは難しいのですが、だいたい太陽光発電システムの耐用年数は20年前後とよく言われています。

ただ、太陽光発電システムにかかわる周辺機器はおよそ10年が限界だとされていますので、耐用年数を考えるうえでは10年が一区切りと考えたほうが良いかもしれません。

10年というと短いような気がする方もいるかとは思いますが、基本的には太陽電池部分は問題なく長持ちしますので、場合によってはもっと長期間持つケースもあります。

太陽光発電システムには、かならずそれぞれの保証期間というのが設けられています。
導入してエコ住宅にしようと考えたときには、まず、どの程度の耐用年数があって、どれぐらいの保証期間があるのかということをかならずチェックするようにしてください。

太陽光発電システムの耐用年数はメーカーのホームページやパンフレットにかならず掲載されていますので、導入する前にはしっかり確認しておいてください。
posted by solarsystem at 02:22 | 太陽光発電システムの耐用年数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。