太陽光発電で夜型生活でも得する理由



オール電化のエコ住宅が注目を集めている昨今、太陽光発電システムを導入する家も着実に増加の一途をたどっています。

太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを自家発電によって電気に変え、自宅で優先的に利用することができるソーラー発電です。

日光がある昼間の時間帯には、このシステムで得られた電気を使ってテレビやエアコンなどの電化製品を使うことができます。
使う電気量よりも自家発電している電気量が多ければ、基本的にそのぶんの電気代は無料ですから、特別なことはせずに自然と節約することができます。

しかし、太陽光発電システムに興味を持っていても、昼間の時間帯はほとんど不在にしているという方は太陽光発電では得をできないと思いがちです。

夜になって太陽の光が得られなくなると、たしかに太陽光発電システムを用いた自家発電をすることはできません。

ところが、太陽光発電システムを導入したエコ住宅では電気代に深夜料金が適用されるという利点があります。
太陽光発電システムを取り入れていると、昼間と夜間では料金プランが異なってきます。

深夜料金の時間帯に使われる電気代は、昼間と比較するとおよそ3割程度も安い料金で電気を使用することができます。
深夜に家事をする生活をする人にとっては、食器洗浄機やIHクッキングヒーターなど電気を用いる作業を深夜料金に時間におこなうことによって、そのぶん確実に節約することができるというわけです。

また、タイマー機能を備えた電化製品であれば寝ている間に動かすことでも深夜料金をお得に活用することができます。

そう考えると、太陽光発電システムで電気料金を少しでも大く節約につなげるためにはオール電化のエコ住宅にすることがベストと言えますね。

このように、太陽光発電システムでは昼間だけでなく夜間でも電気代を節約することができます。

posted by solarsystem at 12:32 | 太陽光発電は夜型生活でもお得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。